桐生美津恵先生による動画解説「短答式合否を分けた問題」

弁理士試験の最初の関門である短答式。ここ短答式は合格が難しい年度もあり十分な対策が必要です。短答本試験結果分析はこちら
そして平成26年度の短答式で正答率が低い問題が、問題29【特許法】、問題59【実用新案法】、問題26【商標法】、問題58【意匠法】などです。これらは短答式の合否を分けた問題と言えます。
そこで辰巳法律研究所・弁理士講座の桐生美津恵先生(桐生知財総合事務所)が動画解説を行っているのが、「H26短答試験・合否の分かれ目となった問題」です。
この動画では前述の4問につき、レジュメを用意して約40分に亘り解説しています。法改正も絡み、桐生美津恵先生の解説で理解を深めて欲しいと思います。
■ 桐生美津恵先生による動画「H26短答試験・合否の分かれ目となった問題、短答パーフェクト講座シミュレーション講義」

■ レジュメ(辰巳弁理士講座)
http://www.tatsumi.co.jp/benrishi/pdf/140911_perfect_guidance.pdf

最新記事

講師ブログ

馬場信幸【LEC】
PR: LEC弁理士サイトはこちら LEC弁理士講座
PR: LECおためしWeb受講 資格スクエア
PR: 資格スクエア弁理士講座はこちら 木戸利也【LEC】
PR: LEC弁理士講座が選ばれる理由とは? TAC弁理士講座ブログ
PR:TAC弁理士講座の関連記事はこちら

No items, feed is empty.

堤卓【佐々木塾】
桐生美津恵【IP弁理士】
吉田ゼミ
PR: 吉田ゼミと辰巳法律研究所が業務提携 弁理士 論文サプリ【目白ゼミ】

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(弁理士講師ブログ)

【知恵袋】弁理士に関する質問 【知恵袋】知的財産管理技能検定

(スポンサードリンク)